いつも清潔にしてニオイを予防

体臭は年齢とともに強くなっていきます。
体臭自体は誰にでもありますが、40代くらいから加齢臭が加わり、よりニオイが強くなるわけです。
加齢臭と聞くと、男性だけのニオイだと思われる方が多いでしょう。
「オヤジ臭い」などと言われますが、このニオイは女性にもあるのです。
ただ、女性の場合はニオイがそれほど強くないため、話題に取り上げられることは少ないわけです。
体臭予防のために大切なのは、いつも清潔にすることです。
体臭は体の内側から発生するものです。
汗や皮脂が原因となって発生します。
酸化したり、雑菌と混じり合ったりして、独特のニオイを形成するのです。
体臭が入浴した直後は、ほとんど感じられないものです。
入浴後の汗というのは、ほぼ無臭に近くなっております。
汗というのは、実はあまり臭わないのです。
ニオイが強くなるのは、皮脂や雑菌と混じり合うことが原因なのです。
そのため、こまめに汗を拭き取っておけば、ニオイはそれほど発生しないわけです。
体のなかで特にニオイが強くなりやすいのは、頭皮と脇です。
頭皮は皮脂が多く、酸化してニオイが発生します。
これを防ぐには、毎日の洗髪しかありません。
日中にニオイが強くなった場合は、ウエットティッシュなどで頭皮を拭くといいでしょう。
ニオイを軽減させることができます。
脇はアポクリン腺と呼ばれる汗腺が集中しております。
アポクリン腺の汗は、タンパク質を含んでいるのです。
通常の汗と異なり、ベタベタしているのが特徴です。
また、汗が乾燥すると下着が黄色く変色することがあります。
脇のニオイを防ぐには、デオドラント商品を利用する方法が一般的ですが、こまめに脇汗を拭くことも大切です。
ニオイが強くなる前に拭くのがコツです。
ひとたびニオイが発生すると、入浴するまではニオイを消すことはできません。
デオドラント商品は、ニオイが発生してから使用しても、あまり効果は期待できないのです。
入浴後の清潔な脇に使用するからこそ、効果が長続きするのです。
汗を拭くには濡れタオルがいいですが、タオルがなければティッシュを濡らして拭いてもかまいません。
新しい汗というのは、ほとんど臭いません。
悪臭を放つのは古い汗なのです。
体を清潔にするには、厚着しないことも大切です。
防寒対策として厚着するのはいいですが、不必要に厚着するのはいけません。
厚着をすると、体臭が衣服内にこもりやすくなります。
また、湿気が発生しやすくなり、薄着しているときよりも早くニオイが発生してしまうのです。